山西 桃子

M o m o k o Y a m a n i s h i

埼玉陸上の未来を担う
期待のアスリート

1位という結果でしたが、内容には満足していません。なんとか飛べた、そんな感覚でした。普段は、緊張したほうが上手く飛べるのですが、今回は少し緊張しすぎたようです(笑)。全中陸上では100mでエントリーしていました。国体ではハードルなので、100mで培ったスピードを活かしたジャンプに挑戦しようと思いました。さらに、上位を目指すにはジャンプ後の初速を意識して、スピードを落とすことなく走り続けられるよう、何度も調整をしてきました。
レースでは、全中陸上で優勝した島根の長崎さゆり選手を意識して走りました。長崎選手は準決勝まで快調な走り。私はというと決勝までなかなか思うように実力を発揮できないまま決勝にのぞみ、不安でした。ですがレースに入る前、木村先輩(少年女子A400mハードル)から「決勝はリラックスして」と優しく声を掛けていただいたので、落ち着いて試合を行うことができました。

これからの目標は東京オリンピックに出ることです。できれば100m……といいたいところですが、ライバルがたくさんいるので、まずはオリンピック出場を果たしたいです。ハードルの経験はまだまだ浅いですが、100mにはない魅力を感じています。コーチからは中距離も勧められているので、今は自分の可能性を広げていきたいと思っています。

山西 桃子

所属:さいたま市立三室中学校

生年月日:2001年5月15日

自己ベスト:

13秒83